29歳からのフィリピン留学⇨AUSワーホリ

勤めてた会社を勢いで辞めて海外に飛び立とうとする女のブログ

新居が快適すぎるので延長!!

こんばんは、
チェリーもぎ過ぎて指が曲げられなくなったchiakiです。

当初1週間の予定できたホバートですが
あまりにいい環境なので延長することにしました!

お金はそれなりに稼げるし、英語にたくさん触れられてワーホリ感がとてもあります。
いろんな国の人や、純タスマニアの地元民とコミュニケーションしてるとき
あーほんとに英語って便利だなって感じます。
フィリピンいっといて本当よかった!

そんなわけで、今日は住居を紹介してみます!
今はspringvaleというホステルにお世話になっています。

f:id:chiakischallenge:20180110193338j:plain

外観。とてもかわいらしいです。
ちなみになかもとってもキレイで居心地がいいです。

そしてそしてなんと!
オウンルーム!!

f:id:chiakischallenge:20180109211206j:plain

もともと学生寮なこともあって机も広い!
ファームジョブ中にオウンルームに住めるなんて思っていなかったので本当に幸せです。
人と話したいときはダイニングやプレイルームに行けばOK!
みんなフレンドリーなので、どんどん顔見知りが増えます。

さらに3食付きで、ファームまでのピックアップもあり。
マイクロバスで楽しく移動してます。
油断してるとファームで置いていかれます。笑
私は今日、自分が乗る前にバスがホステルに向かって発車してしまい
ティーンエイジャー以来久しくしていなかった全力ダッシュをするはめに。

ちなみにここは、オウンルームでレント$200、ボンドなしです。
ちょっと高いけど、3食つくしwifiもサクサクなので私は大満足。
ご飯もめっちゃおいしいです:)

来年もここに泊まってチェリーしたい!!!
と早くも思いながら毎日楽しんでます。

明日も4:30起きなのでそれでは〜

ホバートに引っ越しました

タイトルのとおり、新年早々引っ越しました。
タスマニア内でローンセストン→ホバートに移動です。
バタバタな2018年の始まりです!

タスマニア脱出を決意!でも仕事がなくなった!

前回記事にした、アップルシニングの仕事が一段落しチェリースタート!!

・・・となるはずがまさかのウェイティング。。。

2月頃にタスマニアの仕事が見つけにくくなることもわかっていたので、
タスマニア観光をして脱出することを決意。

そして大晦日にクイーンズランドで仕事の当てがみつかったので、
航空券を手配しました。

そして楽しい年越し!!


エンジョイしたのもつかの間、1月3日に
「君が来るより前に大量の女性が来ることになったから、君の仕事ないかも」

とまさかのご連絡。
ちーーーーーん。
そのときすでに住んでいたワーキングホステルにnotice出しちゃってたんです。
(notice=退去通知のこと。決められた日数前までに退去通知を出すと、
 最初のデポジットが返ってきます。
 ワーキングホステルではnoticeだすと仕事の斡旋がなくなります)


航空券もうあるし。。
お金ないのに仕事見つからなかったら破産するし。。。

なんかでも、そこでなぜか前向きになった私。

うだうだしてても仕方ない!できることやろう!!
と、東側のすべての求人にアプライ開始。

そんななかで見つかったのが、hobartのチェリーファームでした。

引っ越しまで

1月4日に、応募してた一つの派遣会社linxから連絡が来ました!

「1月6日の午前にインダクションがあるよー」
(インダクション=説明会みたいなもの。これに出ないと仕事が始められません)

チャンスだと思ったので、とりあえず説明だけでも聞いてみようと思い、
軽い気持ちで参加しまーすと返事。
その派遣会社、前のホステルから歩いていける距離だったんです。
説明受けて、他のところが見つかったら仕事にいかなくてもいいやーと思ってました。


そして、1月5日。。。朝11時に来たメール。。。。


「明日の説明会は、朝8時、ファームに現地集合です!
 そのまま仕事するから、服とか水とか用意してきてね!
 宿の連絡先は書いておくから、オーナーにも連絡してね!」


ん?現地集合???

私が住んでたロンセストンからホバートはバスで2時間半。
あ、これいくか決めないといけないやつや・・・

・・・あと6日後の航空券持ってるんやけど・・・
なんなら旅行ツアーも予約してるんだけど・・・

・・・。



仕事があるのはありがたい!!行こう!!!
6日だけでも働こう。サクランボ狩りツアー出発や!!

その場でホバート行きのバスを予約し、
散らかりきっていた荷物を全部スーツケースに詰め、
その日に急にホステルをチェックアウトすることを伝え、
夜逃げ同然な感じでホステルを飛び出したのでした。

3人くらいにしか挨拶できなかったのが心残りです。

新生活スタート!

そんなわけで、自分でも全く考えていなかったホバートでの新生活が始まりました。
今はオウンルーム3食付きのとても恵まれた環境に住んでいます。
そして何より英語環境!!

一日のほとんどを英語で過ごす生活は久しぶりですが、勘が戻ってきて楽しいですし
ホステルのメンバーみんなフレンドリーで居心地もいいです。

f:id:chiakischallenge:20180108181545j:plain

そして、ホバートは海が近くて街からバス5分ほどで海に出れちゃいます。
ローンセストンにいる間、ずっと海を求めていたので本当に幸せ!
やっぱり私は海が見える街に住みたいんだなと再認識しました。

f:id:chiakischallenge:20180108181806j:plain


そして海の透明度がめちゃくちゃ高いんです。
透き通りきっていて本当にきれい。
海みるだけでも、タスマニア来てよかったなーって思います。


そんなわけで、1週間のサクランボ狩り旅行中です。
でも思ったよりここが楽しいので、延長しようか検討中。
なるようになるでしょう!

ということで、次はどこから更新するか自分でもわかりませんが、
楽しんでいこうと思います!

ファームのお仕事 アップルシニング編

こんにちは、本日3本目の更新です。
ファームの仕事紹介アップルシニング編です。

f:id:chiakischallenge:20171230190738j:plain

アップルシニングって??

私はこっちにくるまでthinningという作業を知りませんでした。
apple thinningとは、リンゴの木の間引きをする作業になります。

リンゴの木には実がたわわになるので、適切な個数まで実を落とす作業です。
f:id:chiakischallenge:20171230190823j:plain


実が多すぎると、
・栄養が行き渡らず全体的に実が小さいまま成長しない
・実同士がぶつかり合ってスペースがないため成長しない
・実がおもくなりすぎて枝ごと折れてしまう

といった問題が出てくるので、実が育ってきた段階である程度実を減らすのです。

実を残しすぎると上に書いた問題が解決しないし、減らしすぎると収穫量が減ってしまうので
いいバランスを見極めて仕事をすることが大切です。

アップルシニングのいいところ

イチゴのときのように箇条書きするほどないのですが、
この仕事、私は楽しかったです。

f:id:chiakischallenge:20171230190903j:plain


写真のようにラダーに登っての作業になりますが、
この作業、パズルゲームのような楽しさがあります。

木の枝の生え方が一本一本違うのに対して、自分がどう動いたら効率的にすべての枝に触れるか?
手数を減らせれば、体力がなくてもそれなりに稼げます。
(私は伸び悩みましたが・・・笑)

いろんな種類のリンゴの木があって、枝の生え方、固さ、実のなり方や形もそれぞれ特徴的だったのも
面白いポイントかなと思います。


私は1ヶ月ほどこの仕事をして、一段落したので次の仕事に移ります!
タスマニアンドリームこと、チェリーをしてから次に行こうと思っていましたが、
チェリーのシーズンが遅れていて、移動日までに間に合わないかもしれません。

もしチェリーができたらチェリーについてまた書きますね!
それでは!

ファームのお仕事 イチゴピッキング編

こんにちは、青空の下で日に日に黒さが増していくchiakiです。

前回はワーホリについてなにもしらない方向けに、ファームジョブについて紹介しました。
今回は、私が体験した具体的な仕事を紹介していきます。

タスマニアに着いて、最初に経験した仕事はイチゴのピッキング&パッキングでした。
ここはバッパーからの斡旋ではなく、自分でアプライにいきました。

タスマニアに着いた日にバッパーで話しかけていただいた方がイチゴの仕事をしていて、
ご好意で車に乗せていただけることになり、翌日にアプライ。
その場で「働いていいよ!」といわれて即日勤務開始でした。

イチゴのお仕事とは??

私が勤務していたイチゴファームはプランターのような物にイチゴがなっていて、
腰を屈めなくてよいのでとても楽でした。

f:id:chiakischallenge:20171230191016j:plain

こんな感じで空中にイチゴがなっています。
この中から、色とサイズが基準を満たす物をピッキングしていきます。


イチゴを収穫するときには、下の写真のようなトロリーを押しながら進んでいきます。

f:id:chiakischallenge:20171230191101j:plain

私のファームはピッカーがそのままパッキングするので、

ピッキング→箱詰め→重量測定

が一連の作業の流れになります。

朝一番でとれたイチゴはみずみずしくて、なかなかおいしかったです!

どれくらい稼げたの??

私が入った時期はワーカー過多かつイチゴの実のなりが悪い時期だったので、一日$100前後でした。
私は全体の真ん中くらいのスピードなので、稼いでる人はもっと稼いでます。
仕事が6時開始→13〜14時に終わりという感じで実働が短かったです。

ピークのときはみんなかなり稼いでいたようなので、通算でみれば悪くはなかったのかなーと思います。

イチゴピッキングのいいところ

私は収入面と、次の仕事がすぐに手に入る状況だったので2週間で仕事をやめてしまいましたが、
イチゴピッキングはいい仕事ではないかなと思います。
理由はざっとこんな感じ。

・イチゴがおいしい

ピッキングしながら食べるイチゴはおいしいです。笑
のど乾いたらイチゴを食べればいいので、のどからっからで疲れることもないです。

・シーズンが長い

ふざけた理由を一番に持ってきてしまったので真面目な理由書いていきます。笑
他の作物に比べてイチゴはシーズンが長いです。
3ヶ月以上シーズンが続くので、ファームを変えることなくセカンドビザがとれる可能性が高いです。


・次の仕事を見つけやすくなると思う

オーストラリアでイチゴが有名な地域は複数あります。
国土が広いので、ピークのシーズンもずれています。
それなので、一つの地域でシーズンが終わっても仕事が探しやすいと思います。
経験者は優遇されるので、イチゴの経験を積んでおくと今後便利かなと思います。


私のファームはピッキングもパッキングもする仕事だったので、
工夫次第で仕事の効率を上げられます。
稼いでいる人たちは、物の配置の仕方や、作業の仕方を工夫して考えていました。
この仕事をするまでは「農業?体力勝負やろ??」と思っていましたが、
ファームは体力知力両面で勝負できる、面白い仕事だなと気づかされました。

最初の仕事がイチゴでよかったなーと思う今日この頃です。

オーストラリアワーホリ ファームジョブとは??

オーストラリアの大自然を楽しみながら、農業に勤しむchiakiです。

最近友人から、「農業してるの!?えっ!?」みたいによくいわれるので、

ワーホリを知らない方のために、ファームジョブについて書いてみます。

 

ワーホリを全く知らない方向けに概要を紹介する記事なので

情報を詳しく知りたい方は調べてみてくださいね。

 

なお私は現在、タスマニアにてイチゴとりんごの仕事を経験済みです。

それぞれの仕事については、別記事で詳しく紹介します。

 

なぜみんなファームジョブをするの?

日本では農業に興味がなかった人たちが、

オーストラリアでファームジョブをはじめる理由は大きく分けて2つ。

 

セカンドビザが欲しいから

・単純に稼げるから

 

セカンドビザとは

ワーホリビザは1カ国に対して1人1回しかとれないのですが、

オーストラリアでは指定された地域で88日以上仕事をすると

ワーホリビザをもう一度取得できるのです。これがセカンドビザ。

 

仕事内容も指定されていて農業や畜産の仕事がメインになります。

自国民で賄えない雇用を若い労働力で補う、とてもいい政策かなと思います。

そんなわけで、オーストラリアが好きでもっといたいと思った人は

指定されている仕事の中では比較的仕事が手に入りやすいファームジョブにチャレンジしています。

 

・ファームは稼げる!?

ファームジョブには時給の仕事と歩合の仕事があります。

もともとオーストラリアは最低賃金が高いので稼ぎやすい国なのですが

ファームジョブで歩合で稼いでいる人は一日$300超えていたりします。

 

そんなわけで適性がある人は青天井で稼げるので、

ずーっとファームジョブだけを続けているファームマスターも多くいます。

 

 

そんなわけで、私はセカンドビザ目的でタスマニアにファームジョブに来ました。

仕事を探す方法はいろいろあるのですが、

私は仕事を斡旋してもらえるバッパー(相部屋タイプの安宿)に滞在して、

8人部屋で和気あいあいやっています。

 

都会の喧噪に疲れたら、青空の下でのびのび働くファームジョブもいいのではないかなーと思います♪

オーストラリアのホームステイについて

世間はもう年末ですね!
私実はすでにバイロンベイを離れていて、ファームジョブをしています。
おかげで年末感があんまないっ。笑

ファームの記事はおいおい書くとして
今日は仕事がクリスマスでお休みなので、
バイロン時代の記事を更新していきます!
(リアルタイムからどんどん遅れていく・・・)

私は、オーストラリア生活最初の1ヶ月、ホームステイをしていました。


f:id:chiakischallenge:20171225073900j:plain

家の側のレイク。
夕日がおちるのをみるのがとても好きでした♡



くる前にホームステイをするか悩んだのですが、私は大正解でした。

ホームステイの良いところ

・純ネイティブ環境
・カルチャーを知れる

この2つにつきるかなーと思います。

ネイティブ環境については
語学学校にも通いましたが、家にいる方がよっぽど勉強になりました!笑
私の家には子どもがいたので、こどもと遊びながらしゃべるのが本当に良かったです。


カルチャーについては言わずもがな。
チョコレートとだまされてベジマイト食べさせられたり、
オーストラリア人らしい食事ができたり。

今はワーキングホステルにとまっていますが、自炊なので日本らしい食事ばかりです。
やっぱり和食は落ち着きますが、オーストラリアらしい食事も経験して良かったなーと思います。

そんなわけで、私の家は本当に素敵でした。
ファミリーにまた戻ってきてねー!もう家族の一員だからね!!!
って行ってもらえるくらい、家になじむことができました。
私も戻りたいので、ビザ切れる前にもう一回住むんだ!と思っています。


ただ、ホームステイは家によって善し悪しがあるので、
短めに契約して現地で延長することをおすすめします:)

イロイロシティツアー!イロイロってこんな街パート2

前の記事で留学先としてのイロイロの良さについて紹介しましたが、

今回は街紹介です。

イロイロシティの観光地についてご紹介していきます!

 

f:id:chiakischallenge:20171130131319j:plain

 

こちらは街のストリートです。

ブランド品の偽物や、やっすーいふくがたくさん置いてあります。

 

f:id:chiakischallenge:20171130131407j:plain

そしてこちらがかの有名な写真スポット、I am Iloilo!

もちろん私も留学メンバーと写真取りましたよ。

I am in Iloiloじゃないのかなーと思いますが、そこは目をつぶる方向で。笑

 

フィリピンはカトリック信者の多い国です。

なので、観光地の中心は教会になります。

イロイロシティ周辺には、3つの教会があります。

 

f:id:chiakischallenge:20171130131515j:plain

こちらがハロチャーチ。

3つの教会ではもっとも小規模です。

ちなみに、日曜日の午前中に行くと、ミサでたくさんのフィリピン人が訪れています。

また、この周辺にはマーケットや大学があるため、

市民の生活をみるという意味でも面白いと思います。

 

f:id:chiakischallenge:20171130131723j:plain

こちらがモロチャーチ。

この周辺では、アクセサリーなどを売るために声かけてくる人がいっぱいいます。

タウンの中心部に一番近い教会です。

中心部には、露天がいっぱいあったり、チャイナタウンがあったり!

チープでディープなフィリピンを満喫できます。

 

最後の教会は世界遺産

なのですが、その前に他の観光地を紹介します。

 

f:id:chiakischallenge:20171130131609j:plain

こちらはイロイロミュージアム。

残念ながら私が行った日は休館日でした・・・

 

町歩きでのどが乾いたら・・・

 

f:id:chiakischallenge:20171130131815j:plain

ジュース!!

5ペソで買えます。袋に入れておばちゃんが渡してくれます!

捨てるときにかさばらないからいいよ・・・ね??

 

そしていよいよ世界遺産

ミヤガオチャーチ!!

 

f:id:chiakischallenge:20171130131913j:plain

 

もともと要塞として使われていたこのチャーチは、

他のチャーチに比べて圧倒的に大きいです。

そして、なんというか・・・めっちゃごつい!!

他の教会とは違う堂々とした雰囲気に圧倒されるので、

ちょっとタウンから離れていることをお勧めします。

 

そんなわけでイロイロ街紹介でした!!

イロイロに滞在したら、一度は訪れてみることをお勧めします!!