29歳からのフィリピン留学⇨AUSワーホリ

勤めてた会社を勢いで辞めて海外に飛び立とうとする女のブログ

フィリピン留学の洗礼??とギャップについて

フィリピンに来て早5日、元気もりもりのchiakiです!

そろそろ1週間経つので、来る前に持っていたイメージと今の感想について

書いてみようと思います。

次からはフィリピン生活の具体的な話を書いていこうと思ってます♪

 

私がもってたフィリピン留学のイメージ

・マンツーマンレッスンで英語力が激伸びする!

・生徒は20代前半が多い

・複数人部屋だと英語をより使える

・虫が多い

・ご飯がおいしくない

・部屋がぼろい

 

さて、一つずつレビューしてみます。

 

☆マンツーマンレッスンで英語力が激伸び!

これに関しては5日(授業はまだ3日)なので何とも言えませんが、

たぶん英語付けなので多少は伸びるはず。でもどれくらい伸びるかは人によるかも。

 

私の場合7時間授業をとっていて、その予習復習にだいたい3時間かかるので、

1日に英語学習を最低10時間していることになります。

でも予習復習をどれくらいするかは個人次第。雰囲気としては大学に近いと思います。

 

また、授業の質は先生との相性によるところもあります。

先生一人一人得意分野が違うので、

自分がやりたいことをしっかり伝えることが必要です。

私の学校では先生を途中でかえることが出来るので、

あわない授業はどんどん変えたらいいと思います。

私の場合、変えた先生がめちゃくちゃよかったです。

 

ある程度自発的に行動できる人、もしくは何をやってものびるレベルの初心者には

マンツーマンでカスタマイズできるフィリピン留学は向いていると思います。

 

また、くる前には必要性をあまり感じていなかったのですが、グループレッスンがあって良かったです。

私はマンツーマン4 グループ3 の割合なのですが、

グループレッスンがあると他国の友達がすぐ出来ます!

先生は教えることに慣れているので、変な英語でもある程度察してくれますが、

生徒同士だとそうもいかない。笑

これもまた良い経験です!

 

・生徒は20代前半が多い

いま、うちの学校に日本人がほとんどいないのでここは不明。笑

けど若い人が多いなという印象はあります。

日本人が少ないおかげもあり、他国の友達がすぐ出来たのは良かったです!

 

・複数人部屋だと英語をより使える

これは正しいです。私はタイワニーズと2人部屋ですが、意思疎通はすべて英語なので

思っていた以上に英語を使っています。

お互いつたない英語ですが、彼女の性格がとてもよいことにも助けられ、楽しくやってます。

また、教科書のディスカッションでは出てこないようなリアルな日常生活用の単語を

全然知らないことに気づかされます。

正直、ルームメイトにもよるところはあると思いますが、

私は複数人部屋で良かったです。

 

・虫が多い

確かに多いですが、覚悟していたほどではありませんでした。

日本の田舎と同じくらいです。

ビビるほどではありません。

 

・ご飯がおいしくない

あんま美味しくないです。水(ウォーターサーバー)もまずいです。笑

友人が餞別にくれたふりかけ大活躍中♪

ふりかけ持ってくることを強くオススメします。

もちろん街に出ればおいしいご飯はありますよ!

あとタンパク質が明らかに足りなくて、筋肉痛が治らないので

こっちのプロテイン探してみようと思っています。

 

・部屋がぼろい

これも覚悟してた通り、ぼろいです。笑

私の部屋はトイレ流したら流れっぱなしになります。

机が揺れます。

私の部屋、今日水がリークして部屋交換になりました!

ルームメイトはすでに4回目の部屋交換だそうです。

若干面白いのでよし!

 

てなわけでつらつら書いてみましたが、自分の気持ち次第かなと思います。

不便なところや小さな問題はたくさんありますが、

すぐ慣れるし、それ以上に英語づけになれるメリットは大きいと思います。

3ヶ月後にどんな感想を持っているかわかりませんが、

人生でこんなに英語を勉強したことはないので

私は今の環境がとてもありがたく、貴重な経験ができているなーと思ってます!

 

ではまた。

フィリピン到着!

いよいよフィリピン到着しましたー!!

思ってたよりネットも使えるし、あんまり不自由なさそうな予感。

部屋もきれいです!!


移動で疲れたので今日はこのへんで。

いよいよ明日!

いよいよ明日、フィリピンに出発します!

ワクワクがとまらないのですが、荷造りがおわらない・・・。笑

 

手荷物20kgを軽くオーバーしてしまったので、

慌てて重量追加しました!

 

つめたものはこんな感じ。

〜衣服類〜

1. 衣服(Tシャツ7、羽織もの2、キャミソール5、パンツ3、寝まき2)

2. サンダル

3. 下着6セット

4. ハンカチ4まい

5. 運動着2セット

6. 水着1セット

 

〜重要なもの系〜

7. パスポート

8. 航空券

9. 海外旅行保険

10. 現金

11. クレジットカード

12. ノートパソコン

13. スマホ(まだつめてないけど)

 

〜衛生用品系〜

14. シャンプ—・コンディショナー(1セット)

15. アウトバストリートメント(2セット)

16. クレンジングオイル(1本)

17. 洗顔フォーム(1本)

18. 化粧水・乳液(2本ずつ)

19. 日焼け止め(2本)

20. シーブリーズ(2本)

21. 虫除けスプレー(2本)

22. 虫さされの薬(1本)

23. 生理用品(いっぱい)

24. めがね

25. コンタクトレンズ(3ヶ月分)

26. コンタクトの液(3本)

27. 飲み薬(ビオフェルミン2、ロキソニン1、正露丸1)

28. 冷却シート(3箱)

29. ベビーオイル(1本)

30. ポケットティッシュ(5袋)

31. 歯ブラシ(3本)

32. 歯磨き粉(2本)

 

〜その他あったら便利系〜

 

33. 保冷できるタンブラー

34. 水出しのお茶

35. 洗濯ネット

36. 物干ハンガー

37. ノート (3冊)

38. 筆記用具

39. ラゲッジチェッカー

40. デイバック (1つ)

41. 自撮り棒

42. ふりかけ(友達に頂いた分全部)

43. 化粧品・鏡

44. サングラス

45.  日本の参考書

46.  電子辞書

 

うん、全体的に多いですね。リストにしてみてビックリです。

不安になってちょっとずつ増やしたらこんな量になってました。笑

 

帰ってきたときに、必要だったものいらなかったもののレビューしようと思います!

それでは、いってきます:)

 

海外転出準備③ 〜役所の手続きなど〜

ついに、留学まで1週間。来週の今頃は既に飛行機に乗っているはず!

今日借りていた家を引き払って、いよいよ準備も大詰めです。

 

ということで、準備シリーズ第3弾、手続き系についてのまとめです。

 

市役所への手続き 何すればいいの?

市役所で手続きするか決めることは大きく2つです。

 

1 海外転出届を出すか?

2 国民年金を任意加入するか?

 

それぞれ説明しますね。

 

1 海外転出届

「住民票を日本から抜く」みたいな言葉で書いてるブログも見かけます。

要は、日本に住んでないよってことを役所に届けるか否かというところです。

1年以上海外に在住することが出すかどうかの目安になります。

 

海外転出届を出すことのメリットでメリットですが、

 

メリット:住民税を払わなくてすむ、健康保険費も払わなくてすむ

デメリット:健康保険に基本的には入れない

 

といったところです。

日本に住んでいないので、日本に税金を払うのももったいないですよね?

ということで金銭面ではメリットが多いと思います。

(ちなみに住民税を払うかどうかは1月1日に日本に居住しているかどうかで決まります)

 

健康保険に入れないのがデメリットです。

海外に居住して治療を受けても、一部健康保険でキャッシュバックされます。

まあ、海外旅行保険をかければあまり問題ないですが・・・。

また、株の売買など一部のサービスは

日本に居住していることが条件になっていたりするのでよく調べることをオススメします!

 

ちなみに、海外での居住先が具体的にきまっていなくても

居住先住所「オーストラリア」 など国名を書けば受理されるのでご心配なさらず。

 

2 国民年金

日本に居住していると国民年金は強制加入ですが、

海外に住んでいる間は任意加入になります。

将来年金としてもらえる金額が多少さがることがデメリットとしてよく言われていますが、

障がい年金の対象から外れることの方が大きなデメリットだと思います。

 

万が一海外で事故や大病を患い障がい者となった場合に

国民年金に加入していれば手当を受けられます。

ただし、障がい者となったときに国民年金に加入していなければ

障がい年金を受け取る権利がありません。

 

ちなみに、障がい年金を受け取るには、その病気・怪我を煩って病院にいった初診日に

国民年金に加入していることが条件だそうです(市役所で聞きました)

 

年金は海外居住中に親などに代理申請してもらっても再加入できるそうなので、

私はいったん抜けました。

でも、体調が優れない日が続いたら、親に頼んで再加入手続きをしようかなと思っています。

 

ちなみにこれらの手続きは市役所で20分くらいで終わりました!

窓口で、「海外に行くので諸々手続きしたいです」といえば教えてもらえましたよ〜。

 

奨学金ってワーホリ理由で猶予できるの?

私は、大学・大学院と6年間奨学金を借りていたので、毎月せっせと返済中です。

ただ、ワーホリ中はほぼ無職なので、猶予できるか確認しました!

 

結論としては出来ます。

ただし、私はまだ在職中で離職票がないので、

実質手続きは両親に代理で頼むことになります・・・。

離職票の代理となる書類・出来ない書類などは、

日本学生支援機構に電話すれば丁寧に教えていただけるので、

直接確認することをオススメします。

 

ダラダラっとここまで3回にわたり準備について書きましたが

全部私が不安だった内容です。笑

結果としてどれも簡単だったので、ご安心ください。

不安があればコメントくださったらわかる範囲でお返事しますね!

 

see-yah!

海外準備2〜お金の持っていき方を考える〜

ブログ、だいぶ間があきました。

無事会社を退職し、送別会やら何やらしていたらあっという間・・・!

来週末にはフィリピンにいっているとは信じられないです。

 

長期留学、お金はどうする??

さてさて、海外準備編その2 お金をどうやって持っていくか?です。

私が準備している方法は

 

 

1.現金

2.クレジットカード

3. 海外プリペイドカード

4.クレジットカード(キャッシング)

5.国際キャッシュカード

 

 

メリットデメリット調べているうちに、だいぶ種類が増えちゃいました。笑

私なりにお金の持っていき方調べてみたので書いていきます!

 

1.現金

みんな大好き現金!

特に書くこともないですが、

特にフィリピンではクレジットカードが使えないところも多いようで

キャッシュはとても重要みたいです!

とはいえ大金持ち歩くのは危険なので最初の1ヶ月で必要になりそうな分をキャッシュで持っていきます。

 

2.クレジットカード

磁気がおかしくなることも加味して2〜3枚持っていきましょうと聞いたので

いつも使っているカードを用意。

どれくらい使えるかは国によるかも。

 

3.海外プリペイドカード

先にカードにチャージして、その分だけクレジットやキャッシュカードとしてつかえるカード。

キャッシュレスで買い物できるし、自分が入れた額以上に悪用されないから便利!

最初、これだけ持っていこうかと思ってました!

 

キャッシュパスポート、マネパカード、新生銀行プリペイド

3つ調べましたが、チャージした分を払い戻しできるので、

新生銀行のものが一番使いやすいかと思います。

オーストラリアにはこれで持っていくつもり!

 

ただし、どのカードもフィリピンペソに対応してないので、

一回米ドルに変換→フィリピンペソにする必要があります。

クレジットのキャッシングの方がコスパが良かったので、

慌ててキャッシングできるように手続きしました!笑

 

4。クレジットカード(キャッシング)

フィリピン用に急遽キャッシングを検討。

離職前にキャッシング枠を申請しました。

無職になっちゃうとクレカの申請とおらなくなると思うので、

早めの準備が大事!

 

5.国際キャッシュカード

新生銀行で口座を開きました。マイナンバーが必要なので、手続きの際は注意!

新生銀行の海外プリペイドカードが便利なので、口座開くのオススメです。

また、オーストラリアで稼げたら、向こうから送金したいのでそのための準備。(気が早い)

 

フィリピンには

現金、クレジットカード、クレジットカード(キャッシング)

 

オーストラリアには

現金、クレジットカード、海外プリペイドカード、国際キャッシュカード

 

を持っていくのがベターかなというのが私の感想です。

インターネットバンキングで振り込めるように口座登録するとか、

細かーい準備がめんどくさかったので、早めに始めることをオススメします!

 

海外転出準備① NHK解約

出国まで3週間となりました!

まだ在職中なのでまったく実感ありませんが、

 

なんとなく、もうすぐ職を失うのか・・・

向こうで仕事見つからなかったら無一文になるのか・・・

と不安が押し寄せてきています。笑

帰国後の仕事探しも不安!

でも楽しみです♪

 

さて、ぼちぼち手続きを始めたので、内容を残していこうと思います。

はじめに行ったのが、NHKの解約です。

 

NHK解約の手順

必要なもの

NHK登録している住所

NHK登録している電話番号

銀行口座番号(返金用、好きな口座でOK)

 

具体的な手順

ネットで調べてみたら、とりあえずNHKに電話すればよいとのことだったので、

電話してみました。

 

NHK「どのようなご用件でしょうか?」

私「海外転出するので解約したいんですが・・・」

NHK「登録している電話番号と住所教えてください」

私「○○××△~」

NHK「いつから転出されますか?」

私「7月です」

 

ってやり取りだけで解約の手続きが進みました。

 

海外転出後の分で引きすぎた料金はあとで返金されるそうです。

このあたり、ちゃんとしていてありがたいですね。

電話で返金分の振込口座を聞かれるので、

手元に通帳かキャッシュカードをおいて電話することをお勧めします。

 

この後家に解約書類が送られてくるので、それを返送したら解約となります!

思ったよりかなりあっさりでした。

契約書は残ってたものの、お客様番号がわからなかったので心配でしたが、

特に聞かれませんでした。

書類の提出を持って解約完了となるので、余裕を持って手続きすることをお勧めします!

 

 

 

航空券とワーホリ保険

カレンダー見てみたら、あと1ヶ月後にはフィリピン!!

月日が過ぎるのはやーーーい!

最近はせっせと英会話に通い、引越しの荷造りを進め一週間があっという間です。

生徒さんがみんな優しいのと、ちょっとずつだけど前よりしゃべれるようになってるのがわかるから

英会話いくのがとっても楽しくて、英語漬けのフィリピン生活が前より楽しみです。

AUS生活はいうまでもない♪

こんなに楽しいんだったら、さっさと英会話はいっとけばよかったなぁ。笑

 

さて、今日はワーホリ準備のお手続きの進行状況についてです。

 

ゴールドコーストまでの移動ルートを決めました

もうそろそろ航空券をとらなきゃなーと思ってたんですが、

行く途中で旅行したくてずっと悩んでました。

直通のジェットスターが一番安いんだけど、せっかくだし!

 

旅行先はバンコクにしました!タイいってみたかったの。

日本→バンコク

バンコク→クアラルンプール(トランジット)→ゴールドコースト

の予定です。

これでカンタス航空片道より安かったので自分的には満足:)

 

ちなみに、私海外一人旅したことないし、

海外旅行の手配とかやり取りは全部人任せだったタイプ。

生きてたどり着けることやら・・・笑

 

ワーホリ保険で悩んでます

学校、ステイ先、航空券の手続きが済んだので、あとはワーホリ保険だけ!

なんですが、ここでめっちゃ悩んでます。

フィリピンのほうは期間も短いし、学校に日本人スタッフもいるので

エージェントですすめられたところに適当に入りました。

でも、ワーホリとなったら病院いくの一人きりだし、

なにより期間が長いのでお値段が会社によってぜんぜん違う!

 

まじめに比較検討中ですが、ぜんぜん決められないです。

 

AIU VS ユニケア VS OVHC

一番保険を使うのって病院にいったときだと思うのですが、

AUSで知名度がない保険だと病院受付でのやり取りが不安。

ってことで大手がいいなーとおもって悩んでるのが3社。

 

AUS

キャッシュレス、日本語サポートありだけどめっちゃ高い・・・。

死亡保険とかいらんしなぁ。。便利だけどサービス過剰かな。

 

ユニケア

ニュージーランドの保険会社。

安くて、旅行保険なので、携行品とかについても補償してくれる。

サービスと価格のバランスは一番いいと思うんだけど、医療保障があとでクレーム請求。

クレームについては英語だけど代理店が多少サポートしてくれるみたい。

でも、キャッシュレスじゃないから万が一手術とかしたら一時的に大金払わないといけない・・・。

あと、何かあって一時帰国すると保険解約になっちゃうんだって。

 

OVHC

現地の保険会社。

安くてキャッシュレス!だけど、医療保険だけ。

トラブルがあったときにつく補償をみるとユニケアのほうがいいなぁって感じ。

でもキャッシュレスがとても魅力的です。

 

 

正直、日本語サポートがつくけど保険料が2倍になるAIUはちょっと高いかなーって思ってます。

海外の保険会社は無駄がなくて安いので魅力的。

なのでユニケアかOVHCにしようと思ってますが、どっちも一長一短あって悩むこと2週間!

盗難とか物損とかと、入院の確率どっちが高いんだろうか。

 

うーん、一年間のことなのでもう少し悩もうと思います。