29歳からのフィリピン留学⇨AUSワーホリ

勤めてた会社を勢いで辞めて海外に飛び立とうとする女のブログ

自己紹介②〜私と海外〜

自己紹介の続き、私と海外/英語との関わりについてです。

 

私と英語教育

英語にかなり早い時期から苦手意識を持っていた私。

高校時代は当てられるのが嫌で、

席順が回ってくる直前で寝たふりをして切り抜けるという

荒技で乗り切る!笑

 

当然テストは赤点ギリギリ。

それでもいつも2点上くらいで、

赤点を取ったことがないのが自慢という残念な子。

 

大学受験も英語が全力で足を引っ張ったことは言うまでもない。

大学の英語では下を向き、空気に溶け込むというスキルで切り抜ける。

 

私と海外

こんな私ですが海外渡航経験は2回。

 
1回目 シアトルとNY

いわゆる卒業旅行。

ドラクエの魔法使いのごとく、いつもお尻を歩くことで英語を使わずに逃げ切る。

セントパトリックデーに緑のTシャツ着てて、

Are you irish?

と聞かれ、聞き取れずにとりあえず

yes!!!

と答えたら、アメリカンジョークだと思われたのかめっちゃウケたのが唯一の会話。

 

2回目 香港

海外での学会発表。

Google翻訳を駆使して資料を作り、

一切リスナーの顔を見ずに紙を音読して発表し、乗り切る。

質疑は全くわからず、教授がかわりに答えさせる恥さらし。

 

基本的にはまたドラクエの魔法使いスタイル。

 

唯一ひとりになったフリータイムの買い物では

値切り出来る市場で「いらない」がうまく伝えられず

元値の3割で買い叩くという奇跡をおこす。

伝わらないから諦めて買ったんだけど、

アホみたいな底値だったみたいで店員のお姉さんキレてた。

ごめん。悪気はないんです。

 

そんな英語力。いわゆる聞けない、話せないジャパニーズの典型です。

留学でかわるのか!?